多汗症は治療で改善できる【コンプレックス解消への扉】

女医

汗かきとは違う汗の病気

治療

理由もなく多量の汗をかく

多汗症という病気があることはあまり知られていないのですが、いわゆる汗かきとは違うのです。どちらも多量の汗をかくという点では似ているのですが、汗かきは運動をしたり暑い時の体温調整などで汗をかきます。それに対して多汗症というのは汗をかく理由がないのに多量の汗をかいてしまうのです。この点が多汗症の特徴です。ただし素人ではなかなか判断がつかないので、専門医の診察が必要です。多汗症には全身性多汗症と局所的多汗症があり、全身に多量の汗をかく場合とある特定の場所に汗をかく場合とで分けられます。どちらの場合も他の病気が原因になっている場合と、原因がわからない場合とがあります。全身性多汗症の場合は、結核や婦人病があると発症しやすいといわれています。また更年期障害やホルモンバランスの乱れなども原因とされています。まれに急性リウマチなどの患者にも見られることがあります。ほとんどの多汗症は局所性なのですが、特に多く汗をかく部位は脇の下や手のひら、足の裏や頭部などです。はっきりとした原因はわからないのですが、社会的なストレスや精神的な疲労などが溜まると起こるといわれています。多量の汗が出ると体臭の原因になることがあるので、わきが治療と同じように美容整形でも治療することができます。

ボトックス注射の効果

基本的な治療法としてはブロック治療が行われます。これは交感神経をブロックすることによって汗を遮断するのですが、切除してしまうこともあります。汗の出る部位によってブロックするのですが、手のひらの場合は肋骨の上にある交感神経をブロックします。最近ではより効果のある胸腔鏡下交感神経切除という方法で治療します。美容整形で多く行われているのがボトックス注射による治療法です。美容整形の世界ではプチ整形というのが流行っており、これはメスを使わずに治療を行う方法なので若い女性に人気があります。ボトックス注射のように簡単に施術できるのが人気の理由になっています。ボトックス注射を脇の下に行うことで汗腺の神経の働きを弱め、それによって汗の分泌を減らすことができるのです。効果は人によって違うのですが、注射をすると徐々に効き始めて4ヶ月ぐらい効果が持続します。メスで切開しないので肌を傷つけずに施術でき、入院も必要なく、当日のシャワーも大丈夫なので人気がある治療法です。ただし汗腺を取り除く手術とは違うので、汗や臭いを抑えることはできますが永続的に効果が続くわけではないのです。そのたび定期的に注射をする必要があります。

Copyright© 2016 多汗症は治療で改善できる【コンプレックス解消への扉】All Rights Reserved.